津和野 幸楽 - くもの巣日記2

2013年7月14日

津和野 幸楽

津和野の宿は「縁の宿 幸楽」 古い木造の旅館で部屋はさすがに古びていますが、宿のお兄さんの感じも良くアットホームな旅館でした。

CIMG7017.JPG

部屋の様子
 テレビが小さい、金庫利用に100円必要、畳がふわふわの場所が有るなど残念な所も。

IMG_4765.JPG

中庭に面して居ますが、外の景色は見えません。レースのカーテンも無いので覗かれるような気がしてカーテン開けっ放しにしづらい(^^;

IMG_4793.JPG

料理は部屋食でした。あまり見た目は豪華では無いですが、板長さんが自家の畑で収穫した新鮮な野菜に腕を振るった料理ということで、それぞれかなりレベルの高い美味しい料理でした。
紙鍋は火力不足でちょいと残念。
テーブルをテレビが見やすいように斜めに置き直してくれるなど心遣いも マル

IMG_4767.JPG

お風呂は内湯も有りますが、少し離れた道の駅 津和野温泉なごみの里の「あさぎりの湯」まで送迎で行ってきました。600円の入浴料の利用券付きです。また、色浴衣の無料貸し出しと着付けもしてくれます。
これで「ポンパレ」のチケット50%offですが一泊2食4750円は激安。

自分で初めて角帯を結んで見ました。「貝の口」というらしい。練習すればなんとかなるかな?

あさぎりの湯は天然ラドン温泉だそうで、広めの綺麗な浴場でした。最初は町営の施設だったらしいですが、今は私営だそうな。タオルも1枚貸してくれるので道の駅利用で入浴すると良いですね。

IMG_4764.JPG

朝食は別室で。和食です。味噌汁のお椀がデカかった。

IMG_4787.JPG

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mick3.com/~mick3-com/mt/mt-tb.cgi/1566

コメントする