2021.10.10

26番 清滝寺

坂東33ヶ所の最後は26番の清滝観音です。
駐車場は2,3台停められる空地がありました。

仁王門 天保年間(1830~1844)の建立。

石段はお約束

本堂 昭和44年に火災で焼失し昭和52年に再建。

寺は現在も無住だが地元の老人会有志が納経所奉仕を行っている。
御朱印を書いてくれた人は僧侶ではなさそうだったのですが、老人会有志だったのですね。お疲れ様です。
お陰様でここで坂東33ヶ所結願となりました。

ご朱印 疫病退散印付きです。

 

25番筑波山 大御堂

筑波山神社の大鳥居をくぐって入っていくと、立派な本堂がありました。2020年に出来たばかりらしい。
駐車場は5、6台分無料のがありますが、最初通り過ぎてしまって民間の500円駐車場でもいいかと探したけど満車。

ケーブルカーの駅近くで観光客で一杯らしい。諦めて降りてきて大御堂の駐車場を見つけました。
観光客が多いので駐車場案内看板は出してないようです。

札所の表示です。

本堂前からの見晴し。

石段で記念写真

ご朱印 疫病退散の印付き

24番雨引観音 楽法寺

安産・子育ての観音様として知られる名刹で大変に賑わっていました。

多宝塔は1853年の建築で茨城県の指定文化財

本堂(観音堂)は1682年の建築。

仁王門 享保年間(1716年から1736年)の建築

ご朱印

 

コスモス祭り

益子観音から雨引観音への道で偶然にコスモス祭りというイベントに遭遇しました。

見渡す限りの広いコスモス畑です。駐車場は係の人が4、5人いて案内してるのに無料でした。

「ましこ花のまちづくり実行委員会」が主催者らしいんですが、ボランティアで大変ですね。

 

20番西明寺

益子観音 西明寺
駐車場の横に洒落た休憩所(カフェ)があり、中に綺麗なトイレもありました。

コロナ対策の消毒も完備です。

石段の前で記念写真

石段はかなり急です。

茅葺き屋根の仁王門 1492年室町時代に再建

本堂です。 1702年の建築

閻魔堂 閻魔様の絵が描かれた御朱印が人気らしい。

閻魔堂前の看板

本堂 かなり立派な建物です。

三重塔 1538年の建立 日本で唯一という板張り屋根

ご朱印 疫病退散の印付きです。

2021.10.06

サツマイモ

庭のサツマイモを掘ってみました。

一畝掘ってみたらこんなイモが採れました。でかいのとか小さいのとか不揃いです。

残りを掘ってみたらお化けのように大きなのもありました。なかなか売っているような形の良いものは難しいようです。

2021.09.25

逢妻女川の彼岸花

豊田の逢妻女川の彼岸花を見に行ってきました。
駐車場は近くの空き地に20台ほどのスペースがあるんですが、激混みで駐車待ちの長い列が出来ている。
近くのコンビニは彼岸花見物の駐車厳禁の看板が建ててあってバイト君が見張りをしてる。
結局近くの宮上公園の駐車場に停められたのでそこから少し歩きました。

少し遅かったようで白く枯れかかったものがありました。

綺麗な彼岸花のアップです。

天王橋からの逢妻川 男橋との間450mほどの間の両岸に彼岸花が植えてあります。

2021.07.18

ウッドデッキの修理

ビームの補修が終わったのでデッキ板を貼るだけなんだけど、柱の所が微妙。
ノミを使って切り欠きを作りました。

ちょっとビームへ掛かるのが切り欠きの所が少ないので、強度が心配。
シンプソン金具でビームを追加しました。

ということで、ほぼ完成。

デッキ材の傷んでいる所がまだあるけど、材料が足らない。次回に期待ですね。

2021.07.17

ウッドデッキの修理

梅雨明けらしいので、ほったらかしてあったデッキの修理を再開。
スライド丸鋸を物置から出して、塗装用の馬を出したり、日よけをセットしたり準備が大変。

ここのポストとビームを交換します。

車のジャッキを使ってビームの高さを調整。

斜めカットが45度以上はスライド丸鋸で切れない。手引きでちょっとやってみたけど大変なので諦めましたまあ、見えない所だし良いかな。

こっちのビームもかなりひどいけど今回はパス

一応、ビームは修理完了。

2021.07.16

彩雲

ゴルフ練習場で虹色の雲を発見。彩雲というらしい。
10分ほどで消えてしまいました。

« Previous | Next »