2022.11.08

桑名の七里の渡し

東海道五十三次の宿場町、名古屋の宮の渡しから船で上陸するのがここ、桑名の渡しです。

東海道五十三次の説明看板。後ろは桑名城址の蟠龍櫓。今は水門の管理事務所が入っている。

蟠龍の瓦

椿大神社

つばきおおかみやしろと読みます。七五三のお参りで賑わっていました。

かなえ滝
写真をスマホの待ち受けにすると願いが叶うらしい。意外と小さな滝でびっくり。

交通安全祈願をして頂きました。丁寧に車の内外も祓って頂きました。

2022.11.07

メナード青山リゾート

伊賀上野から1時間くらい。メナード青山リゾートで宿泊です。
疲れてしまったので早めのチェックインから部屋でごろごろしました。
部屋は広くて気持ちよかったです。

ソファーも付いててゆったり出来ました。温泉は霧生温泉 雅の湯 単純アルカリ泉で1000mほど掘って出たらしい。

夕食はホテルシャンペールのレストランでフレンチです。

三重県産真鯛の湯引きと鮪のミ・キュイ

三重県産アオリイカムースリーヌのラザニアとそのフリットを添えて

5種野菜のポタージュスープ

三重県産秋鰆のグリエ

黒毛和牛ロース肉のポワレ

ラ グラース特製デザート
黒いのが固くて、ナイフ無いしスプーンとフォークで割って一口サイズにするのが大変でした。

外のイルミネーション

結構寒かったです。

朝食は和食でした。お腹いっぱい

ホテルの前にて

伊賀上野城

忍者博物館から伊賀上野城への途中にあった俳聖殿の前の紅葉

日本一、二の高石垣とあったけど、一、二というからには一番ではないらしい。ちなみに大阪城と伊賀上野城が一、二らしいです。

上から見るとこんな感じ。流石にすごい石垣です。

伊賀上野城は築城の名手といわれる藤堂高虎が築いたお城。現存するのは昭和になってから復興再現した天守閣です。

別の角度

忍者博物館

伊賀流忍者博物館のカオパネ

忍者ショーの時間に合わせて行ったけど新型コロナの影響でショーが中止になり、忍者博物館と忍者屋敷の見学だけとなりました。

印を結ぶポーズ

でも、説明によると左手が上で指は2本ずつだそうです。

刀隠しから一瞬で刀を取り出す忍者

2022.09.10

名古屋のふた

ささしまライブ近くの最近できた道路で発見
電気か交通関係のマンホールと思いますが、百合の花は名古屋市の花
CCBとあるから電線共同溝らしいです。

こちらは消火栓です。名古屋の消火栓はシャチと名古屋城だったのに最近はシャチ2匹なのね。

2022.03.12

河津桜を見て来た

豊田の加茂川公園近くの川沿いの河津桜を見てきました。
まだ少し早かったようです。

一番咲いた木の前で記念撮影

スマホでも撮ってみました。

河津桜

2021.10.10

26番 清滝寺

坂東33ヶ所の最後は26番の清滝観音です。
駐車場は2,3台停められる空地がありました。

仁王門 天保年間(1830~1844)の建立。

石段はお約束

本堂 昭和44年に火災で焼失し昭和52年に再建。

寺は現在も無住だが地元の老人会有志が納経所奉仕を行っている。
御朱印を書いてくれた人は僧侶ではなさそうだったのですが、老人会有志だったのですね。お疲れ様です。
お陰様でここで坂東33ヶ所結願となりました。

ご朱印 疫病退散印付きです。

 

25番筑波山 大御堂

筑波山神社の大鳥居をくぐって入っていくと、立派な本堂がありました。2020年に出来たばかりらしい。
駐車場は5、6台分無料のがありますが、最初通り過ぎてしまって民間の500円駐車場でもいいかと探したけど満車。

ケーブルカーの駅近くで観光客で一杯らしい。諦めて降りてきて大御堂の駐車場を見つけました。
観光客が多いので駐車場案内看板は出してないようです。

札所の表示です。

本堂前からの見晴し。

石段で記念写真

ご朱印 疫病退散の印付き

24番雨引観音 楽法寺

安産・子育ての観音様として知られる名刹で大変に賑わっていました。

多宝塔は1853年の建築で茨城県の指定文化財

本堂(観音堂)は1682年の建築。

仁王門 享保年間(1716年から1736年)の建築

ご朱印

 

Next »