飛騨古川の起し太鼓 - くもの巣日記2

2013年10月29日

飛騨古川の起し太鼓

高山は何度も行ってるので、飛騨古川に行ってきました。奥飛騨から国道471号、途中から41号です。
41号添いの流葉スキー場は昔、初めてスキーに来た所です。数河峠も昔に比べて随分良い道になったなあと、あっという間に通り過ぎてしまいました。

飛騨市役所の駐車場に車を駐めます。なんと駐車場は観光客に無料開放でトイレもあるし、入り口の係の女性がパンフレットをくれて案内もしてくれました。

まずは市役所からすぐの飛騨古川まつり会館。入場料はJAF割引で700円。高いかと思ったけど3Dのハイビジョン映像で飛騨古川祭を見ることが出来て大満足。実際に見に来てもあのカメラアングルからは見られません。絶対に見る価値があります。

係りの人がパネルの前で写真を撮ってくれました。

CIMG7413.JPG

立ってもう一枚というので、どんな写真になるかと思ったら、実際に夜の祭りを見に来たみたい。

CIMG7414.JPG

からくりの実演。自分で紐を引いて動かすことが出来ます。紐は20本もあって、顔左とか札が付いてました。

CIMG7416.JPG

巨大な建物ですが、9台ある祭り屋台を常時3台展示しています。屋台の高さが高いので天井が高いのですが、町並みの景観保全のため高い建物が作れないので、半分地下になっていて、屋台はエレベーターで地上まで持ち上げる仕組みになっていて、びっくり。

CIMG7417.JPG

太鼓の上に人が乗って練る起し太鼓の前で、写真を撮ろうとしたら法被を貸して貰えました。

CIMG7420.JPG

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mick3.com/~mick3-com/mt/mt-tb.cgi/1662

コメントする